【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。



【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:2018/08/20

一見、ちゃんとした料理なのに、
娘の咀嚼回数が減ってしまうのは、
母親が料理で野菜を細かく切り過ぎてしまうからである。

野菜を細かくしてしまうと、
食物繊維が粉々にされるので、
娘はそれほど噛まなくても飲み込むことができてしまう。

そのため娘はろくに噛みもせず、
食べ物を流し込んでしまうのである。

まず要注意なのは、カレー。
カレーを作る時に、人によっては野菜を細かく切り過ぎてしまい、
娘はカレーを飲み込む以外に手がなくなってしまうのだ。

野菜を細かく切るからこそ、
カレーが飲み物になってしまうのであって、
きちんとした食べる事にするためには、
野菜を大きく切って飲み込めないようにした方がよい。

シチューも同じことであって、
野菜を細かく切り過ぎてしまうと、
シチューをクチに入れた際、
全然噛まなくてもいい状態になってしまう。

高級レストランなら、
そういう料理が出されれば美味しいと思えるが、
家庭料理でそのような料理を出そうものなら、
母親としては失格なのだ。

美味しい料理を出すだけでなく、
その料理を娘がどのようにして食べるかまで想像できなければ、
娘にきちんとした愛情を注ぐことはできないと思う。

母親としては
連日食べる事を作らなくてはならないので、
安易に娘の要望に応えてしまう危険性がある。

でも
娘の顎を鍛えるためには、
娘の好きな料理を出し過ぎてはいけない。

娘は楽して食べられるから、
どうしても柔らかい料理を好む。

娘に堅い物を食べさせ続けるためには、
一ヶ月単位で献立を作っておくべきである。

連日思いつきで料理をするのではなく、
料理の計画表を作っておけば、
食べる事のネタに困ることもない。