【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。



【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:2019/02/15

わしは、一時期非常に忙しくて、
睡眠時間が三時間〜四時間しか取れない時期が、
かなり続いていました。

その時には体重が減らないことはおろか、
体重が減らないこともストレスになって
「やる気」が非常に低下してしまいました。

睡眠不足の最大の問題は
「やる気を急速に失わせる」ということなんですね。

そのほかにも、
「昼間のカロリー消費活動が鈍る」とか
「食欲が異常に増えてしまう」
といった問題もあります。

しかし、なんと言っても「やる気」を失わせるのがもっとも問題で、
シェイプアップを続ける気力を失わせます。

だから、シェイプアップをするならば、
睡眠時間の確保を最優先課題だと思って、
いっぱい寝るように心がけましょう!

現代人はなんとなく、
「忙しくて眠る時間も取れない」
というのが、カッコいいと思われる風潮がありますよね?

「毎日八時間寝ています!」と言うと… 
「この人暇なのかしら?」と思われるんじゃないか? 
そんな風に感じている人も多いと思います。

また真夜中になってからチーズケーキを食べてしまい、
「寝る前の三時間以内には食べてはいけない」
という説を信じて、
食べてから寝るまで、わざと三時間空けるように
夜更かしするなんて人もいるんじゃないでしょうか?

それは言語道断です!
一日や2日寝る時間を変えても
からだのリズムなんて変わりません。
だから
食べたその日に夜更かししても何も変わらないんです!

そんなことより
睡眠不足によるやる気低下の問題の方がずっと深刻です。

「最近やる気が出ないな」
そう思ったら、とにかく睡眠時間を増やすことと、
睡眠の質を上げることを優先させてくださいね。

「良い睡眠」
これはとっても重要なシェイプアップ法なのです!