【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック

【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック


【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。




【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2019/01/27

「チョコレート減量」って
みなさん聞いたことがありますか?

通常の減量と言えば、
「お菓子をやめる」とか
「甘いものを控える」などのイメージですが…
この法は三食きちんと食べた上で、
チョコレートも食べるという
女性にとっては魅力的な減量法なんです!

チョコレートそのものは高カロリーなのですが、
脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、
結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

また、チョコレートに含まれる
カカオバターは脂肪の吸収率がよいため、
同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が
肥満につながりにくいと言われています。

食前にチョコレートを食べると、
血糖値がすばやく上昇するので、
食欲が抑えられるのも、肥満の予防につながります。

他にも、チョコレートには
集中力や記憶力を高める作用や、
疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、
栄養バランスの取れた総合食品とも言われています。

チョコレートと言えば、
「甘い」とか「お菓子」とか、
ジャンクフードのようなイメージがありましたが、
実は全然違って、たくさんの効果がある食品なんですね。

ただし、減量効果を期待する場合は
カカオ含有量が70%以上のチョコレートを選ぶようにしましょう。

70%以上カカオが含有されていると甘みが少ないので、
普通のチョコレートとは、ちょっと違うように感じるかも知れません。

減量効果があるチョコレート、
決して低カロリーな食品ではないので、
食べすぎには注意してくださいね。

【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック

【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

【レーシック手術】目の病気や疾患を持っている人
【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例
【レーシック手術】レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック
【レーシック手術】ドライアイでもレーシックを受けられる
【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
【レーシック手術】最も適した治療方法をまずは探す
【レーシック手術】レーシックの種類によって適正が異なる
【レーシック手術】治療費用でクリニックを比較しよう
【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用が第一となるレーシック手術