【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック

【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック


【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。




【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2018/09/28

シェイプアップで失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「シェイプアップ中は毎日体操する」とか
「シェイプアップしている間はスナック菓子を食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めたシェイプアップのルールを破ってしまうと
「もうオレはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきたシェイプアップも、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

毎日、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
一日とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、シェイプアップのやり方について、
一週間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

一週間ぐらいでシェイプアップの反省をすれば、
シェイプアップの成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

一日単位でみると、
夕食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
一日ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中でシェイプアップにとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
シェイプアップは前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、シェイプアップ中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これがシェイプアップの基本だと、オレは思います。

【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック

【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

【レーシック手術】目の病気や疾患を持っている人
【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例
【レーシック手術】レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
【レーシック手術】妊娠中や授乳時期のレーシック
【レーシック手術】ドライアイでもレーシックを受けられる
【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
【レーシック手術】最も適した治療方法をまずは探す
【レーシック手術】レーシックの種類によって適正が異なる
【レーシック手術】治療費用でクリニックを比較しよう
【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用が第一となるレーシック手術