【レーシック手術】レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。



【レーシック手術】レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:2019/04/22

わしは、減量というのは「生活」だと思うんです。

決して一発の花火のように、
イベントとして1回やってそれで終わりというものではなく、
一生続けていく生活習慣だと思うんですよね。

だから、日常生活に無理なく溶け込める方法でなければなりません。
そのためには
「小さなことをコツコツと」続けることがとても大事だと思います。

例えば、体操。
スポーツジムに通うなど、
大きなイベントとして実行することができなくてもいいのです。
まとまった時間やお金を
減量に投資する必要なんてありません。

そんな風に行なった減量は、
時間やお金が続かなくなった時点でリバウンドして元通りです!

小さなことをいくつも実行し、つなぎ合わせていくほうが、
減量を長続きさせることになり、
ひいては大きな成果につながるはずです。

「小さなこと」とはどんなことかというと…
例えば、
・ごはんは最低30回は噛むとか、
・お湯が沸くまでの間にラジオ体操を10回行うとか、
・エレベーターを使わずに階段を上るとか、
・テレビを見ながらラジオ体操を20回やるとか、

こういったほんの小さなことを少しづつ行うことで、
日常生活の中でも無理なく快適に
減量を取り入れることができるんです!

食生活でも、
大きく食事制限をするとか、
減量レシピを日々自分で作る
…などといった大きなことを行わなくても、

まずは
買おうとしているお菓子のカロリー表示を見るだけでも、
購入するお菓子自体に少しづつ変化が現れますし、
より低カロリーなお菓子等に少しづつ置き換えていけば、
やがて減量に大きな違いとなって表れてくるはずです。